スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
噛んで味わうことの効能
皆さま おはようございます。

ハッピークリエーターの山本です。

最近、土鍋でご飯を炊くようになりました。
土鍋と言っても、立派な中蓋が付いているんです。

今までは電気炊飯器で白米を炊いていたのですが、
その炊飯器も9年目に入り、
少し不調になってきたのがキッカケの一つにはなりました。

それに今までは子供達も食べ盛りでしたので、
いちどきに5合も炊き上げる必要もなくなったこともあります。

ある日は白米+五分づきの玄米、
またある日は白米+十穀というバリエーションを楽しんでいます。

この食に切り替えたことで、白米だけの時は、
ほとんど丸飲み状態であったことに気付かされました。

玄米や十穀が混じりますと、
よく噛まざるを得なくなります。

自ずと起こった5噛み⇒30噛みの、この変化!!

玄米ってこんなに美味しかったのか!と、驚き。
極端な話、他に何はなくとも楽しめる。

噛めば噛むほどに、旨みが増してくるようなこの感覚。

よく噛むことの快感が、私の身体に浸透してきたのでしょうか、
今やお米だけではなく、他の食材もよく噛んで頂くようになりました。

味わえるんですね、これがまた。

と、その味わいへの感謝が、
今頂いている食材への感謝に繋がります。

毎日働いてくれている胃への負担を減らすことにもなり、
一石二鳥です。

だから昔の日本人はこう言って感謝を教えたのですね、
「食べ物はよく噛みなさい」

腑に落ちました。


お読み頂きまして、ありがとうございました。


 
| amadeus♪ | 今日のHAPPY | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:09 | - | - | -









http://happy-creator.jugem.jp/trackback/1700