スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
山頂まで登るということ
こんにちは。

ハッピークリエーターの
上野聡一朗です。

ちょっと今日は
たとえ話をさせて頂きます。

山に登るということ。
山頂まで登るということ。

それは、
その山のどこに気をつけなきゃいけないところがあって
どのへんは割と平坦なんだな、ってことがわかって
大変なところはあるけどそこをやりすごせば
後はけっこう楽なんだな、っていうことが
わかったりするということです。

それって、
山頂まで登ったから
わかることです。

下からは
上がどうなっているかの詳細は見えませんが
上からは
下がどうなっているかは細かくわかります。
自分の身体を使って汗をかいて登ってきたのなら
なおさらでしょう。

たとえ小さい山でも
山は山。
山頂まで登ることに意味がある。
もちろん、登れなかったら登れなかったで
それも体験の意味がある。

どうやったら登れるようになるのかの
知恵と工夫と技術を
手に入れられるチャンスということ。

それにはまず
「登りたい」と思うこと。

登ったら、きっと下からは見えなかった
すごい景色が観えたり、
その登る途中ですごい感動があったり、
絶対あると思うから。

山に登ろうと思うこと
山頂まで登ろうと思うこと

そこに行ったら絶対景色は変わる
自分も変わる

山頂まで、登ろう。


最後までお読み下さいまして
誠にありがとうございました。



 
| ハッピー・クリエーター | - | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:53 | - | - | -









http://happy-creator.jugem.jp/trackback/1709